臨床工学技士

TOP > 私たちの仕事 > 臨床工学技士

医療機器の安全確保と
有効性維持のため
機器のスペシャリストとして
チーム医療へ貢献します

臨床工学技士の役割

臨床工学技士は医師の指示のもと、呼吸・循環・代謝などの機能を代替えする生命維持管理装置をはじめとした医療機器の操作および保守点検を行うことを業務とする専門医療職です。専門性の高い機器は高度化・複雑化しており、それらの医療機器の操作や保守管理を通じ、臨床工学技士は医師や看護師と連携し業務を行っています。

部門の業務内容

血液浄化業務(孝仁/宝陽/美希)

各病院のベッド数は、孝仁25床・宝陽25床・美希20床で、入院・外来患者さんの血液透析治療を行っています。臨床工学技士は透析治療にたずさわる臨床業務のほか、透析関連機器全般(水処理装置、透析液供給装置、患者監視装置等)の操作、洗浄、水質管理、定期メンテナンス等の保守・管理業務を行っています。また医師、看護師と協力して患者さんが安心して透析を受けられる環境を維持することも大切な業務の一つです。

呼吸器管理業務(孝仁/宝陽/美希)

人工呼吸器は臨床工学技士が始業前・使用後点検のほか、使用中はラウンドにて使用状況・安全性を確認する事で医療機器安全管理に努めています。人工呼吸器は中央管理を行っており、効率的な運用が可能となっております。

機器管理業務(孝仁/宝陽/美希/美山)

院内にある様々な医療機器(輸液ポンプ・シリンジポンプ・人工呼吸器・除細動器・患者監視モニターなど)を計画的に点検し、トラブルの発生を未然に防ぐことで患者さんの安全に寄与しています。また、毎日の院内ラウンドにて各医療機器の使用状況の確認を行い、院内における医療安全に携わっています。

高気圧酸素治療業務(美希)

高気圧酸素治療とは、大気圧よりも高い気圧環境の中で、高濃度の酸素を吸入することで血液中により多くの酸素を溶かし込むことができます。主な疾患としては脳梗塞や放射線性膀胱炎、一酸化炭素中毒など多岐にわたり、病態の改善を図ろうとする治療です。私たちは医師の指示のもと、高気圧酸素治療装置の操作および機器の保守点検を行っています。

各病院の特徴と有資格別所属人数

孝仁病院 8名/宝陽病院 5名/美希病院 5名/美山病院 1名 計19名

勤務体制

8:30~17:15 (早出出勤体制あり)

教育、キャリア支援

 〈資格認定〉

透析技術認定士 5名
呼吸療法認定士 2名
医療機器情報コミュニケータ(MDIC) 1名

 〈参加学会〉

日本臨床工学技士会/北海道・東北臨床工学技士会
日本透析医学会/日本血液浄化技術学会/日本HDF研究会/I-HDF研究会
東北腎不全研究会/岩手腎不全研究会/ライフサポート学会

先輩職員からのメッセージ

美希病院
主任臨床工学技士
北條 司
勤続年数10年

就職したきっかけ
医療という幅広い業務の中から透析業務に就き、患者に近い環境で働きたいと思いました。
また、地元であり生まれ育った地域の医療に貢献できる施設に就職したいと思いました。

仕事の楽しさ
臨床工学技士は、病院内で医療機器の保守・管理を任される唯一の存在です。
他の医療スタッフが使用する機器も臨床工学技士がメンテナンスするため頼りにされます。「チーム医療」という言葉通り周りの医療スタッフから頼りにされることが多く嬉しく、仕事の楽しさでもあります。

やりがい
臨床工学技士は、命を左右する現場で作業をします。責任も大きいですが、その分患者さんから感謝される機会もあります。人工透析が必要な患者さんは、生きていくために週3回、1回3~4時間ほど人工透析をしなければならないため、臨床工学技士は患者さんとの付き合いが長くなり信頼も厚くなります。患者さんやその家族から信頼されたり、感謝されたりすることは、人として何事にも変えがたいやりがいにつながっています。

宝陽病院
臨床工学技士
高橋 寛司

やりがい
高齢の患者さんが増えているなかで、その人ごとに最適な透析療法を心がける事や、スタッフに安心・安全に医療機器を使用して貰えるよう働いているこの瞬間です。
その取り組みがあってこそ、一番は患者さんの元気な姿にやりがいを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
新しい要求や変化などにも柔軟に対応できる臨床工学技士になりたいです。

求職者の皆様へ
分からないことも聞きやすい雰囲気で、指導も丁寧に教えてくれます。
また、院外研修などへの参加や日常業務の中でも様々な経験をして成長していける場だと感じています。

▲ページトップへ