臨床検査技師

TOP > 私たちの仕事 > 臨床検査技師

患者さんが快適に検査を受けられる医療サービスの向上を目標にし、診療や治療に必要な臨床検査を迅速かつ正確に提供するよう努めています。

業務内容

各病院の特徴と有資格別所属人数

各病院の検査科は少数精鋭で、検体検査(至急の一般、血液、生化学、免疫、輸血検査等)と生理機能検査(心電図、超音波、呼吸機能検査等)を実施しています。

現在では、チーム医療の確立に伴いICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)等に参画し、患者さんのために貢献しています。

科内業務にとどまらず、各部署から信頼される検査科を目指し日々努力しています。

配置人数

施設名

臨床検査技師配置人数

美山病院

1名

美希病院

3名

宝陽病院

2名

孝仁病院

3名

健診センター

2名

勤務体制

業務は日勤を主とし、各病院、夜間・休日は輪番制のオンコール対応をとっています。

教育、キャリア支援

医師会や技師会等をはじめとした研修会・学会等のほか、外部精度管理にも積極的に参加しています。

機材紹介

免疫検査システム cobas e 411 plus
自動分析装置 3100

自動分析装置Accute


少人数のため、各病院が連携しあい応援態勢を取っていることから、検査科が皆で協力しあえる職場風土が培われています。

先輩職員からのメッセージ

美希病院 検査科
臨床検査技師
平 幸惠
勤続年数7年

就職したきっかけ
自宅から通いやすく、子育てと仕事の両立が出来るところが美希病院だったため

仕事の楽しさ
業務としては、スムーズに検査を行うための作業手順や、検査コストを減らす方法はないか?など、生産性を上げるために試行錯誤し、成果に現れた時。
何より、新しい検査を習得でき、自分自身の成長を実感できた時が一番です。

求職者の皆様へ
院外研修会などにも参加させていただける環境です。自分の努力次第でスキルアップを可能にしてくれます。

宝陽病院 検査科
臨床検査技師
千田 陽子
勤続年数22年

仕事の楽しさ
毎日が経験の積み重ねで、わからないことは先輩方が親切に教えてくれること。また、自分が出した検査結果により治療が行われ、患者さんの状態が良くよくなっていく様子が検査結果から知ることができます。病気の予防から診断・治療まで関わることが出来ることが一番です。

やりがい
患者さんの具合の悪い原因が検査でわかったときや、検査が終わった後に患者さんに感謝されたとき。また、検査結果などについて先生からの質問に答えられたときに専門職としてのやりがいを感じます。
最近では、チーム医療の一員として、感染対策やNSTなど専門知識を生かして多職種に関わることが出来ているとき。

将来の自分像(こうなりたい自分)
もっと経験を積み知識や技術を増やし、患者さんを支え、先輩方のように頼りにされる検査技師になりたい。

求職者の皆様へ
大きな病院とは違い、オールマイティに仕事をこなすため、幅広い知識を得れる職場だと思います。多職種の人たちとコミュニケーションをとりながら楽しく働けます。

 

▲ページトップへ