介護老人保健施設

TOP > 私たちの仕事 > 介護老人保健施設

医療と介護で地域をつなぐ
住み慣れたこの町で、心温まる人と人とのつながりを
明るく、優しく、寄り添いの心を大切に
各専門のスタッフが連携して「地域に生きる」を支えていきます。
私たちは、理念のもと各施設が特性に合った理念を掲げております。

介護老人保健施設とは

私たちの施設では、利用者にリハビリテーションを中心とした医療サービスを提供しながら、在宅復帰を目指していくことを目的としています。このため、看護師、介護職員をはじめ、医師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士・支援相談員・介護支援専門員など、多職種協働で利用者のニーズにお応えしております。また、施設内での日常生活に必要な食事、排泄、入浴、レクリエーションなどの支援や介助を通じて、日々“やすらぎの環境”づくりに努めています。

〈所属分布〉

施設では、以下のような専門職が配置されております。

・施設長(医師) ・薬剤師
・看護職員(看護師・准看護師) ・介護職員(介護福祉士・介護助手)
・リハビリ職員(PT・OT・ST) ・支援相談員
・介護支援専門員  ・管理栄養士
・事務員  

 

各病院の特徴と有資格別所属人数

〈建物の特徴〉

岩手県奥州市の雄大な山々、宮城県南三陸町の美しい海、どの事業所も緑あふれる豊かな自然に囲まれています。日差しが注ぎ込む明るいフロアや、業務の動線がきちんと考えられた設えで、とても働きやすい施設です。また、利用される方の“家”でありたいという願いから、施設の名前には“ハイム・〇〇(ドイツ語で家)”とつけられています。ハイムに続く言葉は、施設の特性に合った願いが込められています。

ハイム・ベルク
(岩手県奥州市水沢)

ハイム・アザレア
(岩手県奥州市前沢)

ハイム・メアーズ
(宮城県本吉郡南三陸町)

施設名の由来

奥州市を見渡すことのできる山に建てられたことが由来です

施設名の由来

旧前沢町花がツツジであったことが由来です

施設名の由来

海辺に隣接した地に建てられたことが由来です
〈居室の特徴〉

大きく2種類(4人部屋、個室)のお部屋があります。
4人1部屋でもプライベートをきちんと確保しながら、他利用者様との交流も図りやすい多床室型(岩手県)と、今まで過ごされてきた生活により近づけるために、個々の生活リズムに沿った生活が送れる全個室・ユニット型(宮城県)となっております。
それぞれのタイプの良さを生かしながら、常に利用者さん一人一人のニーズに沿ったケアを心掛けています。

居室等空間の様子(個室)

ハイム・アザレア

ハイム・メアーズ

居室等空間の様子(多床室)

ハイム・ベルク ハイム・アザレア ハイム・アザレア

食堂フロア

リハ・デイルーム

チェアーインバス

オンラインバス

浴室

大浴場

〈医療提供の特徴〉

ハイム・アザレア、ハイム・ベルクは法人の医療機関が併設しており、様態が急変した場合にも速やかな対応で、安心した生活が送れます。

〈職場の雰囲気〉

【勤務体制】

勤務体制は次のとおりです。お食事の時間に手厚い配置が出来るよう、早番・遅番シフトをとっています。

日勤:8:30~17:15
夜勤:16:30~9:15
早番:6:30~15:15
遅番:11:00~19:45

教育、キャリア支援

法人研修、施設内研修の充実

研修プログラムがきちんと整備されています。法人研修では、仕事に必要な知識を身につけることができるだけでなく、事業所を越えた交流でモチベーションアップにもつながります。
また、各事業所には研修委員会があり、職員のニーズに合わせた内容で定期的にOJT研修を実施。日々の業務に生かされています。

外部研修の積極的参加

「より専門的な知識を学びたい」、「他の施設ではどんなことをしているの」そんな思いを大切に、積極的な外部研修の参加を促しています。
研修例)感染症対策研修、リスクマネジメント研修、認知症介護実践者・基礎研修、介護職員等医療的ケア研修 他

キャリアアップシステムの充実

私たちは、企業人である前に人間としての尊厳を大切にしたヒューマンサービスが実践できる人材育成を目指しています。入職からの年数に応じて業務目標を設定し、フォローアップできる体制を整えています。また、施設内外の研修カリキュラムを可視化することで、個々のスキルアップがどのレベルなのか?リーダーの育成はどうなっているのか? 相互に発展し続ける体制を目指し続けています。

その他の特徴

先輩職員からのメッセージ

ハイム・アザレア
介護福祉士
岩渕将範
平成28年10月1日入社

就職したきっかけ
前職は特養で勤務しており、急変時に看護師のサポートがもう少し出来ればという思いが常々ありました。今回、ご縁があってこちらの職場を知り、老健ということもあり、より医療的な知識が得られるかと思い就職しました。

やりがい
通常の介護業務の他に「在宅復帰支援チーム」の一員として、利用者様の「家に帰りたい」という願いに少しでもお役に立てるようサポートしており、とてもやりがいを感じています。

将来の自分像(こうなりたい自分)
常に同僚・利用者様に対して「感謝」の気持ちを忘れずに、利用者様から信頼され、何気ない場面でも笑い合えるような職員になれるように努力していきたいです。

ハイム・アザレア
介護福祉士
高橋春華
令和2年4月1日入社

就職したきっかけ
ご年配の方のお手伝いをした際に笑顔で「ありがとう」と言って頂いたことがとても嬉しく、人の役に立つ仕事がしたいと思った事と、寝たきりになった祖母に何もしてあげられなかった後悔から、何かの形で恩返しがしたいと思ったことがきっかけです。

仕事の楽しさ
先輩方に教えて頂いた事を日々の業務に生かしながらコミュニケーションをとることで、利用者様との信頼関係を築けたときにこの仕事の楽しさを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
利用者様や職員の方々に信頼してもらえる介護福祉士になりたいです。そのためにもコミュニケーションを大切にしながら日々の業務に当たるよう心掛けています。

ハイム・メアーズ
介護助手
佐藤瑠奈
平成31年4月入社

就職したきっかけ
従姉妹が介護の仕事をしているので、自然と介護の仕事に興味を持ち始めました。学生時代に何度かボランティアに参加し、私もここでお年寄りの方と関わる仕事がしたいと強く思ったことが入社のきっかけです。

将来の自分像(こうなりたい自分)
ご利用者様の気持ちに寄り添いながら心と身体をサポートできる介護福祉士になりたいと思っています。そのためにも、ご利用者様の小さな変化にも気づけるよう注意をはらいながら日々業務に当たっています。

求職者の皆様へ
介護の仕事は大変ですが、それ以上にやりがいを感じる魅力ある仕事です。コミュニケーションが好きな方、誰かのために仕事がしたいという方は、ぜひ私たちと一緒に働きましょう。

ハイム・メアーズ
介護助手
後藤優輝
平成31年4月入社

就職したきっかけ
従姉妹がハイム・メアーズで介護福祉士として勤務していたこともあり、高校在学中から介護の仕事に興味がありました。職場体験やボランティア活動に参加し、利用者に寄り添い介護している様子を間近で見て、ここで働きたいと思ったことが大きなきっかけとなりました。

やりがい
介護の資格や知識がないところからのスタートだったので、学ぶことが多く大変ではありますが、できなかったことができるようになったり、利用者様から「ありがとうね」と感謝された時は頑張ってきて良かったとやりがいを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
介護福祉士の資格を取得して、先輩・後輩問わず頼られるような存在になりたいと思っています。そのために職員や利用者様との信頼を築いていけるよう日々の業務を大切にしています。

ハイム・ベルク
介護福祉士
千田修二
令和3年7月12日入社

やりがい
利用者様との会話が一番のやりがいであると感じています。ふざけた話で盛り上がったり、たくさんの経験を積んだ上でのアドバイスをしてくださったりと自分の人生観を考える機会にもなってとても勉強になり楽しいです。

これまでの失敗談
ズボンを上げるお手伝いをしようと声を掛けると「トイレでズボンを下げやすいようにしていたんだ!」と怒られた事があります。利用者様一人ひとりの行動、日課をしっかりと理解しようと思いました。

将来の自分像(こうなりたい自分)
まずは介護福祉士として、利用者様との関わり方のスキルを磨き、利用者様やご家族様に信頼して頂ける介護福祉士になることが目標です。

ハイムベルク
介護助手
小野寺順子
令和元年10月1日入社

就職したきっかけ
身内の介護を通じ興味を持ち介護技術と知識をもっと学びたかったから。

仕事の楽しさ
職場の雰囲気や全体の流れ、新しい業務を覚えることは大変ですが、一つひとつ指導を受け技術と知識を身に着つけ入所者から「ありがとうね」と感謝された時に頑張ってきて良かったとやりがいを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
利用者の気持ちに親身になって寄り添える介護福祉士を目指したい。

求職者の皆様へ
介護の仕事は奥が深くそれぞれニーズが異なり無限大に広げられる職種です。日々介護技術向上と知識を先輩方が丁寧に指導してくれます。

▲ページトップへ