看護師・准看護師

TOP > 私たちの仕事 > 看護師・准看護師

安心して治療・療養が
送れるよう環境を整え看護し、
患者さんやご家族、チームの一員として
頼られる存在になるため
切磋琢磨していきます

私たち看護師は医師の指示の下に、患者さんへの診療の補助や、患者さんが入院生活を過ごしやすいように、日常生活の援助を行っています。そのため医療に携わる様々な専門職の中で、最も奥深く、喜びの多い仕事と言われています。
また、医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいてケアを行っています。
特に看護師は、患者と接する時間が最も多い職種です。私たちは常に理念に基づき、患者さんの体と心の両面をサポートし、医療行為をしやすい環境をつくりに努め、ケアを提供する看護師を目指続けていくために、次のとおり理念と基本方針を立てています。

【理念】

患者さんの人格と権利を尊重した誠実な看護を提供します

【基本方針】
  1. 倫理的問題への理解を深め、患者さんから信頼される看護・介護を実践します。
  2. 共に働く他部門の人々と情報を共有し、チーム医療を推進します。
  3. 組織の一員として、病院収益に貢献します。
  4. 地域および医療機関との連携を図り、幅広いニーズに対応した地域医療を目指します。
  5. 社会人、専門職業人として主体的に学び、人間的成長と看護の実践能力を向上させる努力をします。

業務内容と各病院の特徴

美山病院

奥州市東方の羽田地区にあり、北上山地に続く丘陵地帯に位置しており、四季折々の療養環境に恵まれた病院です。
当院は、患者さんとご家族に寄り添う思いを大切に『緩和ケアの心をすべての病棟に』をモットーとして、慢性期医療に取り組んでいる病院です。
全職員が、患者さんやご家族の病気に対する不安や治療の思いを受け止め、多職種とのカンファレンスを通じて、患者さん一人一人に合わせたケアを行っています。

美希病院

当院は、地域の基幹病院として医療に携わり、長きに渡り地域の方々とのつながりを大切にしております。医療の多様化・高齢化が進む現在、安心して治療が受けられるようチーム医療を推進し、各部門の専門的な知識や技術を出し合う場を確立しております。
キャリア開発に対しては、ラダーに沿った教育を実施しており、学研のe-ラーニングでの聴講にて看護の質の向上に努めております。
看護職員に対しては、働きやすい職場環境を整え、ワークライフバランス・家族介護・子育て重視の勤務に努めております。

宝陽病院

当院は、患者さんの権利を尊重しています。看護部として特に力を入れている事は倫理問題です。臨床の場の倫理的問題を外来部門はじめ、各病棟で体験した困ったケースや成功したケースを取り上げ、他部署と意見交換を行い、より具体的な対応方法や接し方等を学んでいます。これは1つの臨床倫理ケースをまとめる事で自部署の課題も見えてくると同時に、スタッフ同志意見交換の場ともなり、そこから生まれるコミュニケーションを大切にしています。また、誰に対する指導であっても、根拠を持ったケアができるよう一緒に考える指導を大切にしています。

孝仁病院

当院は、岩手山を眺望できる、北上川沿いに位置する、郊外の病院です。
緩和ケア病棟は、県内の私立病院で初めて開設された病棟です。
外科手術にも対応しつつ、慢性期の療養病棟から緩和ケアまで、多機能を合わせもったケアミックスの病院です。『HEARTFUL CARE』をモットーに、心のこもった温かい看護を目指しています。

認定・専門看護師の紹介

美山病院 緩和ケア認定看護師 2名
孝仁病院 緩和ケア認定看護師 1名
がん専門看護師 1名

教育・キャリア支援

患者さんに一番近い存在であり続けたい。信頼され、高い質の看護が提供できるよう新人教育研修、継続研修に取り組んでいます。

法人研修(全職対象)、看護科研修(全病院対象)、病院研修があり、看護観と日常生活援助技術や診療にかかわる援助技術に始まり、自ら考え、発言し、行動する人材育成を目指しています。

【教育の理念】

「看護専門職として、能力開発に努め、多様化する社会のニーズに対した
看護を提供できる看護師を育成する」

【教育目的】

看護科の理念に則り、専門職業人として時代の変化に即応するため、職員の主体的学習を支援することにより、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。

【教育目標】
  1. 看護の専門的知識・技術・態度を修得し更に積み重ね、臨床実践能力を向上させる
  2. 医療チームの一員としての自覚をもち、よい人間関係がたもてる。
  3. 問題解決能力・判断力を身につけ看護が実践できる。
  4. 常に看護観を発展させ、主体的に看護が実践できる。

新人看護研修教育体制

啓愛会で働く看護職員の教育背景は様々あります。特に新卒看護職員に対しては、次のように計画された教育を実施しています。

継続教育の考え方

社団医療法人啓愛会に就職する看護職員の教育背景は様々である。そこで、特に新卒看護職員に対しては体系的に計画された教育が必要である。

また、啓愛会及び看護科の理念・方針に基づき、継続教育を体系づけ、専門職業人として質の高い看護・介護が提供できる看護職員を育成していく。

新人看護職員教育研修体制

看護科全体で新人を育てよう!

 

新人看護職員はプリセプター(実地指導者)とアソシエート(教育担当者)のサポートを受けながらOJT及びOff JTによる教育研修会に主体的に参加します。プリセプターは1人の新人看護職員に対し1人配置され、1年間継続的に指導します。
新人看護職員が深刻なリアリティショックを乗り越えて職場に適応し、基本的な知識や技術の習得を助けると共に、職業人としての態度を身につけることができるよう、支援をしています。

 

継続研修の位置付け

インターネトの普及により、教育情報のあり方も多様化しています。啓愛会では、体系的に院内、院外教育を実践するほか、一人一人の時間を有効に活用した教育としてe-ラーニングも取り入れております。

先輩職員からのメッセージ

美山病院
看護師
菊池のどか
勤続年数3年

仕事の楽しさ
業務を覚えるのは大変ですが、先輩、後輩関係なく病棟全体が仲良しなので充実した1日を送っています。

やりがい
一般病棟のため入退院が激しく忙しい日もありますが、患者さんのご家族からの感謝の言葉や、患者さんの笑顔が日々増えていくことに癒されるとともにやりがいを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
母に憧れて看護師を目指しました・・・母のように患者さん、ご家族に寄り添った看護が提供出来るよう日々精進していきます。

美山病院
副主任看護師
伊藤直樹
勤続年数3年

これまでの失敗談
もし自分に失敗があるとしたらそれは途中で「あきらめた」事だと思います。
人生には2つの時間しかないと考えています。成長の時間か学びの時間です。
例え失敗をしたとしてもそれを成長の糧として乗り越えて行く事ができるとそれは失敗ではなく“学び”となります。人間だれも失敗を経験します。
(自分も多くの事を失敗しました。先輩に怒られ仲間に迷惑をかけることも・・・)
大切なのは!!失敗から何を学んでどう活かすのかそこが重要です。
美山病院は失敗の経験すら学びの糧とする指導・教育体制で新人スタッフを迎えています。どうか臆する事なく一緒に働きましょう!!

将来の自分像(こうなりたい自分)
ズバリ!!教育を通じて社会貢献をしていきたいです。他人の成長を手がけない限り自分の成長はないと考えています。全ての医療人が自分の仕事が楽しく誇りを持ってやることが出来る、そうゆう環境を整える事が将来の自分像へ向かうための、今の自分に対しての使命であると感じています。

求職者の皆様へ
美山病院の看護に対する熱き想いを感じ取ってください。
もう一度、一から看護技術・知識の習得したい人!! 大歓迎です!!
自己成長・自己研鑽に励みたい人!! 大歓迎です!!
一緒に未来の医療・看護業界を盛り上げて行きたいと思う人!! 大歓迎です!!
生き生き・ワクワク仕事をしたい人!! 大大大歓迎!!!
皆さんの想いをカタチに!! 美山病院は今日も皆さんをお待ちしています!!

美希病院 看護科
看護師
佐々木 平
勤続年数8年

就職したきっかけ
結婚していたこともあり、毎月の休み希望が通りやすい、子供の体調が悪い時などに突発の休みが取りやすいなどライフワークバランスがとりやすい職場だと知り合いに聞いていたことと、福利厚生の賞与の平均倍率が高いということから、この病院を選びました。

やりがい
内科、外科、整形外科など様々な患者さんがいるので、幅広い視野での看護の展開が図れます。覚える事も沢山あり、辛い事もありますが、患者さんの笑顔や今までに見えなかった変化が見えた時にやりがいを感じます。

求職者の皆様へ
看護師としての仕事や職場環境など不安に思う事が沢山あると思います。温かく明るい職場環境で、新人教育も充実していますので、理想の看護師になれるよう一緒にがんばりましょう。

美希病院 看護科
准看護師
川田美久
勤続年数1年

就職したきっかけ
看護師になりたいと思っていた私は、知人から美希病院について聞きました。ここなら学校、仕事の両立と、家庭を大切にしていけるワークライフバランスがとれると思い紹介していただきました。

仕事の楽しさ
スタッフが明るく、忙しい中でもみんなで協力し合う職場風土が根付いており、楽しく仕事が出来ております。

やりがい
看護師として医療の現場に立て、新たなことを学んでいくことができる毎日や、患者さんから“ありがとう”の言葉をいただいたとき、この仕事をしていて良かったと心から感じています。

将来の自分像(こうなりたい自分)
看護師として、さらに経験と知識を身につけ、スタッフからも患者さんからも“この人なら安心だ。”と言ってもらえるような看護師になりたいです。知識・技術はもちろん、患者さんのかゆいところに手が届く。そんな看護をしていきたいです。

求職者の皆様へ
私は出産のときにお世話になった看護師さんに憧れ、看護師を目指すことを決めました。 当時、働きながら看護学校に通っていた知人に話を聞いたところ、奨学金制度もあり、看護師を目指す人を応援する制度も整っていると美希病院を紹介して頂き入社の運びとなりました。入社当初は新人研修にてしっかり基本を教わることができ、病棟での忙しい業務の中でも、先輩方はいつも気にかけて声かけをかけて下さいました。何もわからない私でしたが、ひとつひとつ安心して仕事を覚えることが出来ています。現在は日中に准看護師として働きながら夜間学校に通っておりますが、学校に通いながらだからこそ座学の学びを現場で深められると感じています。学校・仕事・家庭との両立はとても大変ですが、皆様の理解、頼りになる先輩方のサポート・楽しいスタッフの皆さまのおかげで充実した毎日を送ることが出来ております。

宝陽病院 看護科
武田幸子
勤続年数5年

就職したきっかけ
高齢者の方の看護に興味があったことと、いろんな疾患を受け入れている病院であることから、自分の成長に繋がることが魅力的だと思い選びました。

やりがい
患者さんから、 “心のうち(不安や悩み)”を打ち明けてくれた時に“私は頼りにされている”と実感でき、この仕事をしていることのやりがいを感じます。

これまでの失敗談
たくさんありすぎて・・・汗))でも、一歩一歩成長している自分を感じています。

求職者の皆様へ
忙しい日々が続くと理想と現実のギャップにぶつかることもありますが、小さな事でも大きなやりがいを感じる仕事です。患者さんから元気をもらうことも多々ありますので、是非一緒に働きましょう。

宝陽病院 外来
副主任看護師
山岡 英子
勤続年数16年

就職したきっかけ
福利厚生が充実していること、正職員になれること
この二つで宝陽病院に就職を決めました。

仕事の楽しさ
いろいろな患者さんやご家族、介護施設の職員の方との出会いがある事です。
また、外来患者さんは短い時間の中で患者さんの計測や一つでも多くの情報を引き出さなければなりません。そんな時に、いかに効率よく対処できるか?など思考しながら患者さんと直接対話が出来ることで仕事の楽しさを感じます。

やりがい
忙しい中でも責任を持って仕事ができるからこそ、患者さんから「おかげさまでした(^^ ) 」と感謝の言葉をいただいたときは何よりやりがいを感じます。また、仕事を任せられ、自分なりにマネジメントが出来た時には、より一層の達成感をじます。

孝仁病院 看護科
看護師
高橋江美
勤続年数4年

仕事の楽しさ
チーム制を取っていることから協力体制が良いのが特徴です。急変時や、忙しい時間帯など、お互いに助け合うことができる病棟です。困った時には、先輩方からの的確なアドバスを受けることもでき、現場で経験を積みながら、チームの一員として働いている喜びを感じられます。
 
やりがい
私が配属されている一般病棟では、様々な疾患の患者さんが入院されます。病院の医療の質も変化しており、私自身も経験を重ねるごとに、看護提供の変化に置いていかれぬよう日々勉強の大切さを痛感するとともに、気づきを得られていることにやりがいを感じています。

将来の自分像(こうなりたい自分)
忙しいこと、辛いことも全てを含めて“患者中心のケア”を行なえるよう日々努力していきたいと思っています。

孝仁病院 看護科
主任看護師
藤原 瞳
勤続年数15年

仕事の楽しさ
昨年より、主任として療養病棟で勤務しています。異動に伴う新しい環境からのスタートであったため、責務を全うできるかとても不安でした。しかし、新たな役割や責任が増えるたびに、病棟スタッフや他職種との関わり合いに協働する楽しさを感じています。

やりがい
働きやすい職場環境への取り組みに始まり、ふれあい看護体験の受け入れや、新人・後輩看護師の指導育成にも携わっています。人と人とをつなぐ今の立場に、忙しくてもそれ以上のやりがいを感じています。

将来の自分像(こうなりたい自分)
主任看護師として、まだ日も浅く課題も多くありますが、今に満足せず、自己研鑽に努めて日々成長し続けていきたいです。

 

▲ページトップへ