医療事務

TOP > 私たちの仕事 > 医療事務

私たちは病院の顔(窓口)として皆様に接します。
私たちは医療人として信頼される部署を目指します。

時代はIoT(internet of things : インターネットで物をつなぐ)へと進んでいます。
私たち医事課は、診療報酬の動向とシステムのIT化を先読みし、常に最新情報を収集し提供してくことが求められます。医事課では医療と患者をつなぐ架け橋となり、安心して来院していただくために、“常に笑顔で親切な対応”第一に、次のことを目標に掲げております。

私たちは病院の顔(窓口)として皆様に接します。
私たちは医療人として信頼される部署を目指します。

業務内容

各病院の特徴と有資格別所属人数

当法人はケアミックス型の病院で、慢性期型の入院病棟の他、緩和ケアや人工透析など専門的な医療が提供されています。

医事課では病院の特性を理解し、入院、外来の患者さんの受付から会計までの事務対応、医療費の請求に係る保険請求業務を行っております。このほか病院の運営に必要な医事統計業務により、患者動向や医業収益の分析などの業務も行っております。

勤務体制

日勤(祝祭日夜間の日当直業務有)

教育、キャリア支援

病院内、啓愛会で行われている研修や外部研修にも参加することもでき、医療事務の知識のみならず社会人としての研鑽も行っています。
   


医事課は病院へ来院された方を一番最初にお迎えする窓口ですので「病院の顔」として、明るい笑顔・親切で丁寧な窓口対応を心がけております。来院された方が安心して当院を利用して頂けるよう、医事課スタッフ一人一人が患者さんの目線で行動できるように日々努めています。

先輩職員からのメッセージ

美山病院 医事課
主事
高橋 佑也
勤続年数1年

これまでの失敗談
電話対応で、恥ずかしい聞き間違いをしてしまったことがあります。
私は関東から引っ越してきた人間で、業界のみならず、方言や専門用語にも不慣れな部分があったと言い訳させていただきます・・・詳しくは採用後にお尋ね下さい。

将来の自分像(こうなりたい自分)
患者さんやご家族はもちろん、職員にも信頼される人間になりたいと思っています。
そのために、まずは目の前の仕事に注力しつつ、知識の幅を広げるために他の部署との関りにも目を向けて仕事の幅を広げていきたいと思います。

求職者の皆様へ
私の前職はテニスコーチであり、わかることが1つもない状態でのスタートでした。
今の自分があるのは、懇切丁寧な指導をして下さる上司、先輩、同僚のおかげです。
啓愛会の職員は、患者さんのみならず、職員に対しても「思いやり」を持って日々を過ごしていると感じます。皆様と、共に助け合いながら働ける日が来るよう願っています。

美希病院 医事課
主任
佐藤 文香
勤続年数10年

やりがい
患者さんとスタッフの間に家族のような信頼関係があること。
医療で支え、患者さんの笑顔に支えられる。日々業務の中で“患者さんとの絆を感じられる“そんな瞬間に喜びを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
入職時、私は知識や行動力に長けた先輩と巡り合い、その人に追いつきたい、追い越したいと目標にしてきました。入社10年を迎えた今、過去の私が「こんな人になりたい‼」とあこがれたように、目標としてもらえるよう、これからも自分を磨いていきたいです。

求職者の皆様へ
今しかできない経験をたくさんして有意義な学生生活を満喫してくださいね。
啓愛会の主役の1人として一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

 

▲ページトップへ