栄養科

TOP > 私たちの仕事 > 栄養科

“安心・安全でおいしい食事を通して、病気の治療に貢献します”

業務内容

各病院の特徴と有資格別所属人数

<栄養科の特徴>

私たちは、入院生活の中の楽しみの一つだと思っていただけるような季節感のあるお食事の提供を心掛け食事満足度の向上に努めています。

また、患者さんの病態に応じた適切で安全なお食事を召し上がっていただくために、栄養管理・給食管理のもと個別に栄養管理計画を立て、患者さんの健康回復に貢献できることを目的としています。

その一環として、入院・外来患者を問わず、管理栄養士が栄養指導を行っています。食生活でお悩みの方、普段の食生活の内容を踏まえ改善されたいとお考えの方にも、改善策や現状の指導を行っています。

緩和ケア病棟では、病状によっては食欲不振や吐気・嘔吐が出現し食事を摂りにくくなることが多くあります、そんな時に一人ひとりの症状の緩和に重点を置き精神的にも心の支えとなるよう食事を提供しています。
例:嗜好の確認 食事量 間食(おやつ) 補助食品 病棟レク

 

栄養管理とは?

  • 患者さんがベストな状態で治療を行えるよう、入院中の適切な栄養管理を行っています。一人ひとりの栄養状態を把握し栄養管理計画書を作成し患者さんの栄養状態が改善するように定期的に再評価を行いながら退院までフォローを行っています。
  • 各病棟担当栄養士がミールラウンドを行い、患者さんから直接意見を伺い、今までの生活背景を踏まえ嗜好を聞き取り実際の食事場面から適正な食形態を提案し食べやすい食事提供しています。
  • NST活動として低栄養状態や摂食障害のある患者さまに対し、栄養評価・カンファレンス・回診等を実施し他職種のスタッフと共に栄養状態の改善に取り組んでいます。
【給食管理】
<各病院の職員配置の状況>

美山病院、ハイムベルク(厨房業務は労務派遣)
管理栄養士

美希病院 ハイムアザレア(厨房業務は労務派遣)
管理栄養士

宝陽病院(厨房業務は労務派遣)
管理栄養士

孝仁病院(厨房業務は外部委託)
管理栄養士

勤務体制(美山病院の場合)

管理栄養士(休憩1時間含む)

(日勤)8:30~17:15
(遅業)9:00~18:45
各病院によって若干時間帯には違いがあります。

 

 職場全体の雰囲気が明るく楽しい職場となっているため新入職員でもすぐに馴染める職場風土があります。シフト制のため予定や休日の希望にも対応して勤務可能です。
 2019年度より関連会社によるセントラルキッチンが稼働しました。
 これにより、病院・介護施設などで提供している大量多品種の調理を1か所で集中的に調理することが可能となりました。

先輩職員からのメッセージ

美山病院 栄養科
管理栄養士
佐々木 優輝
令和3年入社

就職したきっかけ
前職は福祉施設で働いていましたが、臨床の現場で経験を積みたいと思い入職しました。

やりがい
病棟へ行き患者さんについて他職種の方々やご本人と話しそこで得た患者さんの要望を食事に反映できた時にやりがいを感じました。

求将来の自分像(こうなりたい自分)へ
先輩方のように他職種からの栄養相談にも臨機応変に対応できるようになりたいです。

美希病院 栄養科
管理栄養士
熊谷 冬紗
平成30年4月入社

就職したきっかけ
臨床の場に興味があったことと、美希病院では離乳食指導や人間ドックの食事指導を行っており、入院患者さん以外の幅広い世代の方々と関わることができると思い志望しました。

仕事の楽しさ
特にご高齢者の患者さんが多いため、病気によって少しずつ体調が悪くなり食事量が減っていくことがあります。そんな時に状態に適した食形態で、患者さんの希望のものを提供することができた時に「美味しかったよ。今日は食べられたよ」というさりげない一言がとても嬉しかったです。

やりがい
患者さんとお話ししていく中で、患者さんそれぞれに視点があり、
気付かされることが多く日々新しい発見があります。
患者さんのニーズに応えることは、とても難しいですがやりがいがあります。

これまでの失敗談
献立作成を行った際、食材の発注を間違えたことがありました。提供する人数が多い分、少しのミスが大きくなっていくところに大量調理の難しさを感じました。

将来の自分像(こうなりたい自分)
これまで以上にその人のライフスタイルに寄り添った指導ができるようになりたいです。

求職者の皆様へ
病院での栄養管理や栄養指導は教科書通りにいかない事の方が多くあります。日々勉強ですが、その分、知識と経験が重なりやりがいの多い仕事だと感じています。

宝陽病院 栄養科
管理栄養士
綾織 のどか
平成31年1月入社

就職したきっかけ
以前は給食委託会社に勤めていましたが、臨床栄養を学びたいと強く思い、ご縁があり、地元の宝陽病院に入職しました。

やりがい
病棟訪問や栄養指導など対話を通じて、少しでも元気になった、食事が楽しみになったと患者さんに言われた時です。

将来の自分像(こうなりたい自分)
病気の治療や予防のために、「食」を通じてチーム医療の歯車のひとつになり、貢献していきたいです。

孝仁病院 栄養科
管理栄養士
下道 穂奈美
令和1年10月入社

就職したきっかけ
生活の一部である「食事」を通して、病気の治療や健康をサポートできる医療・福祉の
現場で働きたいと思ったのがきっかけです。

やりがい
孝仁病院には、緩和ケア病棟があるため、人生の最期を過ごす患者さんもいます。
「美味しかったよ」と笑顔で話をしてくれた時、やりがいを感じます。

将来の自分像(こうなりたい自分)
幅広い知識と経験を積んで、他職種の方や患者さんに頼りにされるような存在になりたいです。
様々な世代の方に“食事の大切さ”を伝えられるような管理栄養士を目指しています。

▲ページトップへ